甲鉄城のカバネリ 第6話 【アニメ感想まとめ】

甲鉄城のカバネリ 第6話 「集う光」

甲鉄城は巨大なカバネの塊――黒けぶりを前に立ち往生していた。
一方、生駒と無名は廃駅の底に落ちていた。
周囲はカバネ、無名はガレキの下敷き、援護は望めないという絶望的な状況で、それでもなお生駒は前を向いた。

公式サイトより

公式のツイート

ツイッターの感想と反応

https://twitter.com/89jan_chan/status/733328674330550272

https://twitter.com/lp306/status/733333592428843008

https://twitter.com/copenhagden/status/733335004109905920

https://twitter.com/lp306/status/733335661655134208

https://twitter.com/IRI7A/status/733337102482472960

https://twitter.com/himajin_5428/status/733337606960742400

ネット上の感想と反応

895 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で@\(^o^)/ (ワッチョイ bd4d-kYSV):2016/05/20(金) 01:34:16.13 ID:0wsQGWV30.net
後半迫力あっていいねー
手に汗握ってみたわ

12 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で@\(^o^)/ (ワッチョイ f8cc-8iTP):2016/05/20(金) 01:35:16.95 ID:X0WyQZpb0.net
カバネブレードは威力はあるが、クルスのような剣の名人しか使えんよな
かまれたら即座にアウトなわけだし

919 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で@\(^o^)/ (ワッチョイ e605-MTTD):2016/05/20(金) 01:36:06.51 ID:ZsvkJ9uI0.net[2/2]
最初にでかいのが壁に当たってくずれるとかいう、糞雑魚感はやめてほしかった
先週こんなのどう倒すんだとワクワクしてたのに

926 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で@\(^o^)/ (ワッチョイ 1cb0-xKv1):2016/05/20(金) 01:36:31.20 ID:4KSSovCA0.net
勢いはあるのに、いまいちすっきりしないのは、いろいろ勝手に解決していくせいかな
瓦礫にしても、救出劇にしても、知らん間に勝手に解決されてて肩透かし感半端ない

931 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で@\(^o^)/ (スプー Sd28-ubLY):2016/05/20(金) 01:36:59.74 ID:jhWE9McAd.net
いや、アクション凄いし面白かったよ?
粗より良さが完全に上回ってる

934 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で@\(^o^)/ (スプー Sd78-xKv1):2016/05/20(金) 01:37:20.30 ID:3iL9VyN+d.net[4/4]
作画等々は5話よりよくなってたけど見せ場も面白かったけど、

坑道下のピンチがいつの間にか終わってた点と
クロケブリ倒す必要あったのかって点が謎のまま

936 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で@\(^o^)/ (ワッチョイ bd1b-WkY+):2016/05/20(金) 01:37:26.48 ID:osgMLjca0.net
人の体重で脱線防ぐとか、いろいろ突っ込みどころあるが
電車アクションは楽しめた
H型鋼ワロタ

952 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で@\(^o^)/ (ワッチョイ 3237-V4Zo):2016/05/20(金) 01:38:52.62 ID:oipvm5d+0.net[2/2]
稚拙な脚本を天才的な演出力で押し切る荒木監督は凄いと思う
それだけに残念

930 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で@\(^o^)/ (ワッチョイ e6c8-G0cz):2016/05/20(金) 01:36:55.70 ID:freWzKyN0.net[1/2]
なんでもとりこみたがる黒煙の心臓は
無名と同じような少女だった…で綺麗に終わったな

950 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で@\(^o^)/ (ワッチョイ d0c8-MTTD):2016/05/20(金) 01:38:39.30 ID:5YTXNuon0.net[5/5]
>>930
あの心臓カバネ過去に始末されたお友達じゃね?
だからはっとしたけど振り切った

http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/anime/1463321167/

はねぐるの感想

迫りくる絶望。
こう表現するのが最も適しているかもしれません。

クロケブリが甲鉄城を追いかけてきます、そしてその追撃が逃げるべく後退する甲鉄城。
一旦、避難庫へと退避、ギリギリの所でクロケブリの侵入を鋼鉄シャッターで防ぎます。
この時、クロケブリの正体がうっすらとではありますが、わかります。
そう、大量のカバネの集合体なのです。

一方、無名と生駒ですが二人とも生きてました。
生駒は無事ですが、無名は岩の下敷きに。
それにしても、生駒は優しい男だ。
そして、無名はちょっと強がりすぎて素直じゃないなあ・・w

自分が弱いという事を感じるという事に、無名は凄く恐怖心があるんですね。
過去の出来事があるせいでしょう。
そして、またピンチの上塗りで二人の元に大量のカバネが・・・。

弱いからこそ、あがく事を諦めない。
生駒の心の強さに、今まで無名が持っていなかった別の意味の強さを知る事となったでしょうか。

無名の過去が初めてこの時わかるのですが、
どうやら村全体が疑心暗鬼?にかかり魔女狩りのような状態になってしまっていたようですね。
そこへ助けに現れたのが・・・、誰?w
恐らく無名がカバネリになるきっかけになったか、強くきっかけになったか、
いずれにせよ師匠のような人物でしょうか。

って回想している間にあれだけ大量にいたカバネが全部生駒によって殲滅させられているという、
主人公補正全力で発揮する展開になってましたww

クロケブリは融合群体というらしい事がわかりましたね、
倒し方は核となる心臓にあたるカバネを倒す事。
生駒の活躍を見ていたからでしょうか、無名が以前より少したくましく素直にりましたね。

それにしても、融合群体の動き不気味というか気持ち悪いなあw
打つタイミング早いと怒られるオデブw

熱い!熱い熱い!
融合群体と戦う総力戦!
単に融合群体との戦いだけではなくて、それらの戦いをすすめるのに
必要なひとつひとつに携わる人間達の必死さが魅せますね!!
限界ぎりぎりまで引きつけた融合群体へ打ち込む大砲、現れた核へ切り込む無名。
その中心にいたのは女性でしたが一体彼女は何故融合群体の核となったのでしょうか。

そして、これは結果として無名がとどめを刺しにいって正解でしたね。
恐らく生駒なら躊躇してしまい、折角のチャンスを生かせない可能性があったかもしれません。

今回、特に後半は手に汗握る展開で震えました。
素晴らしい回だったと思います。

関連商品

[amazonjs asin="B01E771VX6" locale="JP" title="甲鉄城のカバネリ 1(イベントチケット優先販売申し込み券付)(完全生産限定版) Blu-ray"]
おすすめの記事